刊行物のご案内

学会誌「エアロゾル研究」

学会誌の「エアロゾル研究」の紹介

エアロゾル研究電子版(J-STAGEのページが開きます:Vol.1から掲載)
[New!] エルゼビア社Scopus®に、「エアロゾル研究」のコンテンツが登載されることになりました。詳細は「エアロゾル研究」36巻1号82ページをご覧ください。

学会誌掲載から1年未満の特集記事はパスワード管理されています。毎号の発行のお知らせをメーリングリストで案内していますが、 J-STAGE 用認証情報は、その中でお知らせします。 不明な場合は編集事務局までお問い合わせ下さい。

目次(Contents)

原稿募集

編集委員会では,皆様からの投稿をお待ちしています。

「エアロゾル研究」には,査読論文,特集記事,解説記事,一般記事,会告等の記事があります。
査読論文は,研究論文,技術論文,レビューペーパー,研究速報,ノート,討論の6種類とし,いずれも他の学術的刊行物に公表(投稿準備中のものも含む)されていないものに限ります。また,この内容は「特集」に含まれることがあります(研究速報,ノート,討論を除く)。
特集記事は,編集委員会が示した特定の研究或いは技術に関する最近の及び/又は既往の重要な結果並びに動向に対して,エアロゾル分野の研究者及び技術者が理解可能な論理的な説明をするもので,内容については査読が行われます。
解説記事は,通常は複数の記事をもって各号の「特集」とする特集記事とは別に,単独の記事あるいは複数号にわたる連載記事となることを企図した解説。内容は,特集記事と同様に特定の研究あるいは技術に関する最近のおよび/ または既往の重要な結果ならびに動向に対するものとし,特集記事と同様の水準を持つものとする。編集委員会からの依頼稿,あるいは会員からの投稿によります。
一般記事は,(1)巻頭言 (2)提言 (3)アラカルト (4)マイウエイ (5)ニューフェイス,(6)行事報告(行事・会議・受賞など) (7)エアロゾル・スクエア (8)その他(研究室紹介,井伊谷賞その後,書評など)より構成されています。
ご投稿の節は投稿規定を熟読し,編集事務局までメールにてお知らせ下さい。 下記のファイルがダウンロードできない場合、メール利用が困難な場合は,編集事務局まで問い合わせてください。

日本エアロゾル学会編集事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町332-6
パブリッシングセンター(株)国際文献社内
担当:関,長谷川
TEL: 03-6824-9363 FAX: 03-5206-5332
E-mail: jaast-edit*bunken.co.jp(*を@に変えてください)
受付時間:平日9時~12時,13時~17時

「エアロゾル研究」編集委員会

委員長:
藤谷 雄二(国立環境研究所)

幹事:
佐藤根 大士(兵庫県立大学)

委員:
飯田健次郎(産業技術総合研究所)
池盛 文数(名古屋市環境科学調査センター)
梶野 瑞王(気象庁気象研究所)
久保  優(広島大学)
定永 靖宗(大阪府立大学)
佐藤  圭(国立環境研究所)
中曽 浩一(岡山大)
西田 千春(福岡大)
藤原 翔(山形大)
宮川 拓真(海洋研究開発機構)
山田  丸(労働安全衛生総合研究所)

編集事務:
関 萌(株式会社国際文献社)
長谷川 和也(株式会社国際文献社

広告募集

エアロゾル科学・技術研究討論会予稿集

過去の「エアロゾル科学・技術研究討論会予稿集」は,会員には3000円,非会員には4000円で販売しております。学会事務局までお問い合わせください。


エアロゾル学基礎講座

エアロゾル学基礎講座―計測―の連載をまとめた冊子版の販売をしています。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/31/3/31_210/_article/-char/ja/
1500円+送料(※実費)
ご希望の方は学会事務局までお問い合わせ下さい。


「エアロゾル研究」および「エアロゾル科学・技術研究討論会予稿集」に関するお問い合わせ

日本エアロゾル学会事務局
162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター (株)国際文献社
TEL: 03-6824-9378,FAX: 03-5227-8631
jaast-post*bunken.co.jp(*を@に変えてください)
受付時間 平日9:00~12:00,13:00~16:00(土日祝を除く)